アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
幻月館・書庫
ブログ紹介
 このサイトは本来「幻月館」の予備サイトでしたが、本館の更新がうまくいかないために、11月6日に「幻月館・書庫」と改名しました。

 こちらでは、主に椹野道流先生の作品のパロディを置いています。
 パロディですので、椹野先生ご本人とも、各出版社様とも関係がありません。

 また、名作や、昔話や、古典をモトに書いておりますが、それらは「教科書の訳」の通りではなく、深海月がかなりのアレンジをしておりますので、試験の際はお気を付け下さい。

 深海月のオリジナルについては、思いつき次第の更新ですので、気長にお待ち下さい。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
占い師と弟子。
 随分と昔のお話です。  あるところに辰冬さんという良く当たる占い師が弟子の司野という男と住んでいました。    辰冬さんが出かけていて、司野がひとりで留守番をしていた時の事です。  「占いを頼みに来たのですが」  そういって、若い女性が尋ねてきました。  あいにく、師匠である辰冬は留守だと司野は答えますが、司野の美貌に見とれたその女性は、「あなたに占って欲しいのです」と言い出してしまいました。  「俺は修行中の身なので勝手に占いをする事は出来ないんだが」  そういって断っていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/06 23:41
走れ!
  シンは激怒した。  必ず、かの王を除かなければならぬと決意した。  シンは妖魔を調伏し、羊と共に暮して来いましたが、邪悪に対しては、人一倍敏感でした。  今朝早くにシンは村を出発し、山を越え谷を越え、僕らの町に十里はなれたこのシラクスの市にやって来ていました。  シンは 内気なミヨコという妹と二人暮しをしていました。妹は、律気なオザワという若者を、近々、花婿として迎える事になっていました。結婚式も間近かなので、シンは、花嫁の衣裳やら祝宴の御馳走やらを買い出しに来ていたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/11/05 00:14
真夜中のスポーツ観戦
時差の関係で真夜中にある生中継でのスポーツ観戦。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/17 23:04
こいち受難
 人間に売られた・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/07/17 22:57
人魚姫 3
 人魚姫−3− ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/17 22:51
人魚姫 2
 人魚姫−2− ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/17 22:44
人魚姫 1
 人 魚 姫 −1− ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/17 22:42

続きを見る

トップへ

月別リンク

幻月館・書庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる